Youtubeロバ次郎チャンネルはこちら≫

はんぶん堂での個展を終えて



2021年5月4日~31日までの1か月間、浦安市にあるはんぶん堂でわたしの個展をさせていただきました。



タイトルは『フーミンの棒使い人形展~世界に羽ばたけロバ次郎!~』。この看板ははんぶん堂のマスターが作ってくれました。一緒に飾ってあるのは、わたしのオリジナル戯曲作品『ピンでん』の模型と人形です。



他にもいろいろ脚本を並べておきました。



脚本が売れた時は、感動しました。



はんぶん堂に入ると、この巨大アートの青色が目に飛び込んできます。こども達に協力してもらって描いた作品です。



その絵の上に、ブランコで吊り下げられた人形達。



『世界に羽ばたけロバ次郎!』という大そうなサブタイトルをつけて、最初は恥ずかしかったのですが、でもロバ次郎はほんとに羽ばたけるんじゃないかって、今は思ってます。



夢は口にしてたらそのうち叶うはず!



実はね、5月中に夢がちょっと叶ったんです。なんと、靴のコンテストでロバ次郎のデザインが採用されたのです!



ロバ次郎は神戸まで羽ばたきましたよ(^^)/




個展でいちばん苦労したのは『ロバ次郎のふくわらいスタンプ』でした。


ちょっとしたユニークな遊びなのですが、展示の仕方を試行錯誤しました。POPの書き方、ことばの選び方、展示する位置など、いろんな方にアドバイスをもらっては実践しての繰り返しだったんです。


作品は面白いものを作るだけじゃダメなんです。その先にある、人の目に止まらせる方法や、宣伝の仕方、売り込み方が大事なんですよね。



この経験を生かして、こども達に作品を作った後のその先まで教えられるような指導を心がけたいなと思います。



そうそう、今回のこの個展は、はんぶん堂で出会った2人のに支えられて、無事に開催することができました。



1人目はこの神。はんぶん堂のマスター上泉(カミイズミ)さんです。すっごい優しくて、ふところも大きくて、何やっても「やろうやろう!」って言ってくれて、私の活動をあたたかく応援してくれました。



人形劇とワークショップイベントをやった際には、人が集まり過ぎてしまって「あわわわ」ってなってたら、マスターが「2回公演にして、ワークショップも2回やりましょう」と、急きょ対応してくれました。めっちゃ男前で、頼りになりました。



そしていっしょに踊ってくれました(^^)



2人目はこちらの神。パッチワークキルト作家のTakami(タカミ)先輩です。実は、今回のこの個展を企画してくれたのは、このタカミ先輩なのです。個展中、いろんなトラブルが発生しまして、そのたびに先輩に助けてもらいました。



先輩のすすめでテキスタイルデザインにも挑戦することにもなりました。布をデザインする面白さを教えてもらって、今すっごい世界が広がってます。(靴デザインに挑戦したのも先輩のすすめです)



後片付けまで手伝ってもらっちゃって、もう頭があがりません(笑)



この2人の神に支えられて、わたしは無事に個展を終えることができました。感謝の気持ちでいっぱいです。


あ、そうそう、わたしの作ったロバ次郎のテーマソング『ブレーメンへいこう』の5番目の歌詞の一部をご紹介します。

生きていれば いろいろある
誰でもみんな としをとる
今いっしょに過ごす この奇跡を
大事に楽しもう



この歌詞のとおり、はんぶん堂で、マスターや先輩や、いろんな方達といっしょに過ごした時間を、わたしはとっても楽しみました。この奇跡に感謝して、これからもロバ次郎とともに活動を頑張っていこうと思います。


はんぶん堂、神達、そしてそこで出会えたみなさま、ありがとうございました!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。