Youtubeロバ次郎チャンネルはこちら≫

【手相診断】内気な男を天才に変える方法



今日はパパの手相を見てみます。パパは右手と左手を組んだ時に、右手の親指が下に来るので、右手が積極的な手ということで、右手を見ます。


これがパパの右手です。



おおっ、わたしと全然ちがう。頭脳線が下に向いてて手首まであります。

頭脳線が極端に下がっている人は、自分完結の妄想恋愛ごっこ。現実を避けて妄想の中で満足してしまい、心を打ち明けずに終わる恋の暗示もあります。


うんうん、わかる。私を好きだって告白してくれなかったもんなあ。


感情を外に出すのが苦手な人は、頭脳線が極端に下にカーブしています。下向きになればなるほど内気な性格を表します。そのため、交際している相手は「考えていることがわからない」と悩んでしまい、すれ違いが多くなるでしょう。


あー、わかるわかる。超内気なんです。考えていることがわからない人なんですよ、うちのパパは。


頭脳線のカーブが大きく弧を描いて手首の方まで下がっていると、控えめな性格を表します。あらゆる物事に対してネガティブに考えてしまいがちで、内に溜め込んだその思いを、人に話すことも苦手なようです。


そうそう。1人で溜め込んじゃうんですよ。思ってることを話せって言っても、言えないんですよね。


つづいては感情線。感情線に穴があいてるのですが、この穴のことを『しま』というそうです。その上の短い線が結婚線。



感情線に島があり、結婚線が下向きに伸びる。これは、身体目的の異性が近づいてきたり、ストーカーに狙われたりなど、危険な相手が接近しているかもしれません。危うい相手につけこまれないよう注意を。


な、なんてこと!これはよくないぞ!うーん、左手を見てみよう。



あっ!一直線。



頭脳線か感情線が、グッと伸びて手のひらを大きく横断している状態。これが「マスカケ型」です。この手相の持ち主には天才や秀才が多く、他の人とは異なる発想力を持っています。


キャーッ!なんていい線!しかも、

生命線、感情線、頭脳線がそろったマスカケ型は、お金に対するひらめきがあります。生まれつき優れた経済センスが備わっています。上手にお金を活用する天才。


な、なんていい線を持ってるのパパ!こ、これは、なんてすばらしい旦那様と結婚したのかしら!


なるほど、内気なパパを天才にする方法を思いつきました。


まずマジックで、右手の頭脳線を高めに伸ばします。そして、感情線の島をぬりつぶし、結婚線を上向きにします。

そしてこれからは、手を組む時は左手の親指が下に来るように組み、ものをつかんだりする時は、積極的に左手を使うのです。左利きになってもいいかも。


これを毎日続ければ、パパがすごい男になるはず!よーし!毎朝パパの手にマジックで手相を書くぞ!


参考にした本はこちら↓
めっちゃ面白い本なので、おすすめです(^^)/


次はフーミンの手相を診断

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。