Youtubeロバ次郎チャンネルはこちら≫

【アトリエロバ次郎】第1回ワークショップ開催



今日はアトリエロバ次郎の初ワークショップを開催しました。と言っても、お客さんはいつもの3人、ゆうな(中3の長女)、かんな(小6の次女)、あおい(小4の姪っ子)です。


今日は、バスボムと石けんを作ります。まずはバスボム作りから。

材料

重曹・・・・・大さじ2
クエン酸・・・大さじ1
食紅・・・・・耳かき1杯
バスクリン・・ティースプーン1杯
水・・・・・・霧吹きで少し



重曹や食紅は、100均やスーパーで手に入るのですが、食用のクエン酸は製菓コーナーの少量のものか、薬局の高いものしか見つけられませんでした。(掃除用のクエン酸は「混ぜるな危険」と書いてあるので、バスボムには使えません)


なので、食用のクエン酸だけはネットで取り寄せました。




まずはボールに、重曹を大さじ2杯入れて、クエン酸を大さじ1杯入れて、かき混ぜます。(2色使いたい場合は、量を半分にして、2回に分けて混ぜます)


匂いをつけるために、バスクリンをティースプーン1杯入れます。本日はイオンのトップバリューの「ゆず」の香りです。(以前、オイルで香りづけをしたところ、風呂に入れたらギラギラして掃除が嫌だったので、今回はバスクリンにしました)


食紅は、粉のままで混ぜると発色が弱く、ダマになっちゃうので、先に少量の水で溶いておきます。



霧吹きでちょっとずつ湿らせながら、混ぜ続けます。これをシリコン型に押し込みます。



1時間後、型から出したらこんな感じになります。後は乾かすだけ。超簡単です。



次は石けんを作ります。100均のセリアで買ってきた、クラフトキューブのクリアとホワイトを使います。袋の中に、キューブ(石けんのかたまり)が5個ずつ入ってます。



キューブを1個、ガラスの皿に乗せ、その上に食紅を乗せます。電子レンジで500Wで20秒加熱します。レンジから出したら、すぐにつまようじで色を混ぜるのですが、1分くらいで固まるので、もう1回レンジで溶かします。そして、溶けた液をシリコン型に流し込みます。


キューブ1個で、このカボチャが1つできます。



こんな感じで好きな色を流し込んでもらいました。表面はもう固まっていますが、内側はまだドロドロなので、これを冷蔵庫で冷やし固めます。


このシリコン型は、セリアで買ってきたものを3等分しました。カボチャとオバケと目玉の型です。



目玉の型だけは、黒目がほしいので、黒いアイシング(ケーキ用)を使います。アイシングクッキーの上に乗ってる砂糖のかたまりです。石けんなのに、砂糖を乗せるのはどうかと思う?気にしない気にしない(^^)



あとは仕上げのラッピング。透明の袋に転写シール貼ったり、マジックで字や絵を書いて、デコってもらいます。



さ、完成です!


まずはかんなの作品。バスボムはピンクと白を交互に乗せました。制作中にピンク色の部分がタラコにしか見えなくなって、子供達がバカうけしてました。そんなことで笑えるなんて、子供って最高です。


石けんの袋には「たべちゃだめ」って書いてあります。目玉は緑にして、眼球が血走ってます。



こちらはあおいの作品。青色と黄色のバスボムがとてもきれいです。袋の転写シールも、いい感じに貼れてます。石けんは、眼球に黒のアイシングで線を描いて、これまたヤバい目玉になってます。


あおいは右の袋に「LAUNDRY RULE」って白文字のシールを貼ったのですが、「ランドリールールってなに?」ってなって、「きっと洗濯する時のルールだよ」ってことになり、「じゃあこの袋に石けん入れるのは、まあまあ正解だよね」って言ってました。



そしてゆうなの作品。目玉がリアル。なんか、グミみたいですね。食べれそうです。バスボムが緑と黄色でさわやかな色合い。匂いは全員ゆずです。



というわけで、第1回ワークショップは終了しました。制作時間1時間50分。あおいにめっちゃ好評だったので、またやろうと思います。次は何しようかな~(^^)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。