Youtubeロバ次郎チャンネルはこちら≫

ロバ太郎制作⑨胴体を作る

木の棒(100均で購入)を1本用意します。この棒を肩台(肩の土台)にはめます。

・・・と、その前に、木の棒の端を彫刻刀のカッターみたいなやつで削ってとがらせます。  カッターよりも彫刻刀の方が断然削りやすいです。

木の棒をロバ太郎の頭にぶっ刺し、発泡スチロール用ボンドで固定します。次に肩台を棒に固定します。こちらは木工用ボンドを使います。

私が使っている発泡スチロール用ボンドはこれです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コニシ 発泡スチロール用ボンド 100ml
価格:501円(税込、送料別) (2020/7/22時点)


ロバ太郎サイズを作る時は100mlは必要です。

肩台にウレタンを巻き付けて、発泡スチロール用ボンドで固定します。  胸部分は高い位置から貼りつけてます。乾いたらウレタンの角をハサミで切り落として、なだらかな胸にします。

次に首用のウレタンを用意します。ウレタンはホームセンターで10cm単位で販売しているところもあります。


こっちは木工用ボンドで貼りつけます。

続いてタートルネックを作ります。型紙は左から首、袖、胴体部分になります。

縫い代1cm残して、グレーの布を切ります。

人形の服は、基本は自分家にある古着を改造して作ってます。着なくなった服を人形に着せられるのも人形遊びのいいところです。あ、でも人形制作依頼をうけたまわる場合は布はお客様と相談して決めますのでそこはご安心ください。はっ、えり部分にシワがよってしまった。

まあいいです。こんな感じになりました。これを胴体に着せて、縫いつけちゃいます。

ここは見えない部分なので大ざっぱに縫います。

今日はここまでです。よかったらこちらの動画も見てね。

⑧靴を作る←

➡⑩スーツを作る

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。