Youtubeロバ次郎チャンネルはこちら≫

羊毛フェルトで等身大の犬制作/④土台づくりで針4本折れる



今日も、ワンちゃんの土台作りの続きです。このメモを見ながら作っております。



では、今日は綿を針で刺して土台を固めていこうと思います。この3本針で一気に固めていきます。



ブスッ、ブスッ、バキッ!えっ?!わわっ!針折れちゃった!!しまった!芯材のために仕込んだ針金をついてしまいました。


うわーっ、ショック。針が折れることは想定してたんですけど、こんなに早く折れるとは・・・



ワンちゃん大きいので、折れた針の先っちょを発掘するのも大変です。内臓をえぐりだすかのように探します。


よし。気を取りなおしてもう1回。つぎは針金をつかないように、慎重にさします。ブスッ・・・ブスッ・・・バキッ!


うそーーーーーーーっ!また針金ついちゃった。


折れた針の先っちょはマスキングテープにくるんで捨てます。



ダメだ。2度あったからは3度目もありますよね。針金をぬきます。せっかくここまで作ったけど解体します。

image



ものすごい量のわたです。またやり直しです。トホホ。


体と足が離れてしまったので、針でつついて連結させます。



ブスブス、ブスブス、グニッ!あっ!また針を折ってしまった。


なんと3本針が全滅。



わたしのハートも折れそうです。しょうがないので1本針にチェンジです。このたった1本の針で、ワンちゃんの土台を作っていきます。



わたに毛糸がからまっているのを、中3の長女に1時間かけて取りのぞいてもらいました。もう針を折りたくないから、頭からていねいにつついてわたを足していきます。



あっ!また折っちゃった!ワンちゃん強すぎる。



予備の針はあと2本。土台だけで針使いきりそうです。



1本針で前足までつけました。

今日はここまでです(^^)

➡⑤へつづく

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。